バリオスがゆく

キュキュキュキュブォーン  ガチャン  ブーンガチャンブーンガチャンブーーーーン   ボンッ!  え!? (゚д゚;)

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ストファイのボルトを全て金色にしてみた



どうも!かぼです (゜ε ゜)




久しぶりにストファイ記事だったりする。

記事が久しぶりなだけで、今1番イジってるのはストファイだったりする。



さっそくだけど




ボルト全部金色にしてやった!!




IMG_2896.jpg


正確に全てのボルトというわけではないが、目に見える部分はほぼ換装させました。

ジュラルミン製にゴールドアルマイトを施したボルトです。

全部で約130本。

一応純正ボルトと同じ寸法だけど、どのボルトがどこに付くかは一切不明。

もちろん説明書も無し。

純正のボルトを外し、同じ寸法のボルトを見つけ組み替えるを130回行う簡単な作業

おまけに、ドカは振動すごいから全ボルトにネジロック剤必須。



地獄だなオイ








そして出来上がったものがコチラ


DSC_040549846.jpg

DSC_0414468468.jpg

DSC_04149864681.jpg

DSC_0414659.jpg

DSC_00846854686.jpg

DSC_008498644.jpg

IMG_303846854.jpg




全てをお見せしたわけではないけど、他にもテールアンダーカウル、ナンバー等目に付くボルトは

大体ゴールドにしちゃいました。




ブラックボディにゴールドパーツにカーボンという成金な組み合わせでいやらしい車両に!


満 足 !




取り外した純正ボルトは部位別に分けて保管。


IMG_304655.jpg



まめに出来る男をアピール。

ちなみにですけど、どこに付けるか分からなかったボルトが20本程余りました。

見なかったことにしました。




DSC_0000068.jpg





いや~諭吉が飛んでく飛んでく!!



それでは、この辺で (* ̄▽ ̄)ノ~~


スポンサーサイト

| カスタム | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

またやらかしました。



どうも!かぼです (゜ε ゜)




先日ですね、雨が降りましてね。

今日も雨か、風も強いし出勤めんどくさいなぁって

玄関開けたんですよ。













バリオス倒れてますやんっ!?



蘇る悪夢、忘れもしない去年の8月。

倒れるバリオス、流れ出たガソリン、溶け剥がれたオールペンしたタンク塗装。


    →悲報!バリオス、塗装溶解・・・








IMG_3039.jpg


再オールペンから1年もしない内に2度目の塗装溶解。

ミラーは割れ、レバーはへし折れ、グリップがべちょべちょ。




一旦塗装の件は忘れよう。

まずはレバーだ。

U-KANAYAのツーリングレバーをチョイス。

青けりゃなんでもいいんだよ、青けりゃ


IMG_29941.jpg


ミラーはamazonで800円のバーエンドミラーを買いました。

グリップも同じものを購入。



IMG_2996.jpg



よし、とりあえず走れるようにはした。



でもね、僕思ったんですよ。

たしかに、前回同様バイクが倒れたそもそもの原因は自分にあるわけだけど

倒れるたびにガソリン漏れてタンクの塗装溶かして、レバー折ってグリップ溶かしては新品に交換して

ねぇ、たまったもんじゃないよ!


ここである1つの原因にたどり着いたんです。


タンクキャップが悪い!




1度交換してるんですよね、タンクキャップ。

それも3000円くらいで購入した互換品に。

このキャップがガバガバなせいでガソリンが漏れるんじゃないかと

この際キャップも新しくしました。



IMG_29931.jpg




キーレスタイプの社外タンクキャップです。

果たしてこれがいいのか悪いのかは分からないですが、見た目のドレスアップも兼ねての購入です。


IMG_2995.jpg



現状乗れるようにまでは治しました。

タンクの塗装に関しては、お財布と相談しながら時期を見て再塗装します。

この2度目の悲劇を戒めに、バイクの管理を怠らないよう努めます。







二度あることは三度ある・・・






それでは、この辺で (* ̄▽ ̄)ノ~~



| バリオス | 22:21 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

AGVヘルメットあれこれ


どうも!かぼです (゜ε ゜)



2年程前、AGVから発売された 『Corsa Misano 2014』 

ロッシが被っていた限定デザインのヘルメットを購入しました。

過去記事参照→「AGV コルサ ミサノ 2014 




そして最近、AGVで全く同じデザインでグレードを 『K-3』 まで落として再販されました。



非常にふざけた事をしてくれた!



なんのための限定だったのか・・・?

グレードを落としたとは言え、再販されちゃ限定デザインの意味ないでしょ?

アホなの?



激おこプンプン丸!!







img-1365747.jpg



写真は再販されたK-3モデル

Corsa、PistaGP Rとの違いとしては、おでこインテーク部分の色と形状が違います。

1番の違いは、後頭部に取り付けられたスポイラーの有無。

Corusaより上のモデルは、後頭部に羽がついています。



そんなK-3モデルとの差別化を図るため、このスポイラー部分を大金払って強化しました!!

そもそもこのスポイラー、Corusa以上のモデルに搭載されているんですが

CorsaとPistaGPでは若干形状が違います。

ですが、PistaGPのスポイラーもCorsaに取り付け可能という素晴らしい事実を知り合いから教えてもらった!



IMG_3006.jpg

IMG_3008.jpg


上の写真、後頭部に取り付けられているクリアパーツがスポイラーです。

PistaGPになるとこのスポイラーがさらに長くなります。

そしてお値段が16000円というバカげた設定。

でもどうせやるならもっとバカげたことしてやろうと思い
















IMG_3003.jpg

IMG_3002.jpg

IMG_3005.jpg




カーボンにしちゃった☆



海外へ発注して納期4ヶ月。

ようやく届いた (忘れてた)

クリアじゃない分、下のデザインが一部見えなくなるのは惜しいですが

なによりこの圧倒的存在感。



満足



という、限定ヘルメット再生産 はぁ?ふざけんな!!って記事でした。

勘違いして欲しくないんですが、このK-3モデルのヘルメットを被っている人をバカにしているわけじゃないってことです。

再販かましてきたAGVに怒っています。

限定被ってるこっちの方が偉いんじゃボケなんて話ではないので、その辺はご理解いただければ・・・。





終わり!



| その他 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

青いこそ正義!バックステップをアルマイト加工!



1961年、初の宇宙飛行を終えて帰還したソ連の宇宙飛行士 『ガガーリン』 はこう言った。




地球は青かった。






どうも!かぼです (゜ε ゜)




このブログを熟読されている熱烈なファンのみなさんはご存知でしょう。

ボクのバリオスが青すぎることを。

当然の事ながら、ボクは青が好きだ。

その結果、うちのバリオスはあんな残念な姿へと変貌してしまった。



でもね~まだなんだよ・・・。







足りないんだよ!青がぁぁ!!





車両全体をなんとな~く眺めるんですよ。

ボクは見つけました、足回りが青さに欠けていると。


これはいかん!


バリオスのステップはBEET製のバックステップに変更しているんですけど

アルミ製なんですよね、何が言いたいかというと

そうです!アルマイトできちゃうんですよね~


さっそく業者に丸投げしてアルマイト加工してもらいました。


IMG_2017.jpg


ついでにキャリパーサポートも青くしました。

美しすぎる!さっそく取り付けです。



IMG_2018.jpg


IMG_2020.jpg


いい感じ!いい感じなんですが

全て青く出来なかったのが非常に残念!

シルバーのままの部分は分解できなかったんですよ!

結果中途半端になってしまいましたが、大部分を青にできました。

そもそもバリオスでBEET製のバックステップ取り付けてる人ほとんどいないのに

なおかつ青くするなんてバカな人間なかなかいませんよ、うん。



キャリパーサポートはアルミの腐食処理を怠ったので、若干模様が出来ちゃいましたが・・・。


IMG_2019.jpg


今回青くしたのはこれだけですが、今後バリオスのパーツはどんどん青くなっていきます。

楽しみに待っていてください。
















21世紀、旅を終えた世界中のライダーは、ボクのバリオスを見てこう言った。




ヤツのバリオスは青かった。








それでは、この辺で (* ̄▽ ̄)ノ~~


| カスタム | 21:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

流れるウインカー、シーケンシャルウインカー



どうも!かぼです (゜ε ゜)






突然ですが、シーケンシャルウインカー と言うものをご存知でしょうか?

流れるウインカーなんて言われてもいます。

内側から外側へと流れるように点灯するウインカーです。

トラックに取り付けられているのをよく目にしませんか?

最近では乗用車でもたまに見かけます。




これをバイクにも取り付けたい!!


なんてまたしょーもない事を思いついちゃったんですよね。





以前、バリオスのウインカーを購入したショップで、このシーケンシャルウインカーが

売られているのを見つけました。

  バリオスのウインカー交換記事はコチラ→曲がりたい!と言う意思表示をLEDにしてみた!

さっそく4つ購入!

ドイツからの輸入品ですが、物がしっかりしているなだけあって値段がややお高くなっています。


IMG_2491.jpg


かなりスマートですね。



少し話は変わりますが

これ車検通るの?

そもそもシーケンシャルウインカーって法的に大丈夫なの?


って思ったりしてるんじゃありませんか?

結論から言うと、法的に何も問題ありません。

物にもよるとは思いますが、僕が購入したタイプは問題ありません。

何よりこの商品、Eマークがちゃんとついたウインカーなので! (詳しくはWebで)



さっそく取り付け~

難しい点なんて得に無いですよ。


IMG_2465.jpg


点灯確認もしましたが、前後4つとも問題なく流れました!




bus-00001.gif

↑少し雑ではありますがGIFアニメーションを作成してみました。クリックして確認してください。




結果には満足しています。

ですが、いくら車検対応と言っても正直視認性はあまりよくない印象ですね、特に昼間。

早めの点灯を心がけます。






今回このウインカーのはバリオスに取り付けましたが、最初はストファイに取り付けるつもりでした。

結果うまくいかなかったんですよね。

要因としては

①ウインカーリレーがLED対応ではないので交換が必要だった。
②ウインカーリレーがECUに組み込まれていたので、抵抗を使用しなければならなかった。
③抵抗を組んだがうまく点灯してくれなかった。
④作業中に何故かメインハーネスのヒューズが吹っ飛んでやる気が無くなった。
⑤暑くて汗が止まらなくて嫌になった。
⑥この作業で1度しかないボクの人生の内、3週間も無駄にしてしまった。


以上!

コンピューター制御のバイクなんて大嫌いだ!



ってことでバリオスに取り付けました。

また一段とバリオスが気持ち悪い仕様になって大満足な1日でした!





それでは、この辺で (* ̄▽ ̄)ノ~~


| カスタム | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。