バリオスがゆく

キュキュキュキュブォーン  ガチャン  ブーンガチャンブーンガチャンブーーーーン   ボンッ!  え!? (゚д゚;)

≫ EDIT

悲報!バリオス、塗装溶解・・・



どうも!かぼです (゜ε ゜)



梅雨も明けて、ますます厳しい夏らしい暑さになってきましたねぇ

より一層、過酷なツーリングシーズンの到来です。

来週はどこに行こうか、次はあそこに行こう!

計画を立てているだけで楽しくなってくる!





のはずが・・・。




さかのぼる事数週間前、事件は起きました・・・。

今日は、バリオスの身に起こった悲しい悲しい出来事のお話です。







~7月某日~


全国各地で相次いで起きた局地的豪雨。

僕が住む浜松でも、早朝激しいゲリラ豪雨に見舞われました。

幸いにもこの日は水曜で仕事は休み!

疲れた体を癒すためか、目が覚め頃には既に昼。

雨が降ったのがウソのようなカンカン照りの青空が広がっていました。

少し買い物をしておきたいと、ジャケットを羽織り、ブーツを履く。

玄関を出た僕の視界に飛び込んできたのは・・・































地面に横たわるバリオスの姿!?


IMG_2355.jpg



非常にショックでした。

しかし、これはイタズラではありません。

ウチの駐車場は地面が砂利で、大雨が降った日には地面がぬかるみます。

恐らくサイドスタンドが地面にめり込んで倒れたんでしょう。

普段はスタンドの部分にスタンドホルダーを置いてあったので、倒れることは無かったんですが

ストリートファイターを増車した時にスタンドホルダーを買い足し忘れていたんですよね。







あぁ・・・やっちまった









ここまではまぁよかったんですよ・・・ここまでは!

とりあえず車体を起こそうと、グリップをつかんだ時

変な感触があったんですよね


グニョって・・・。


それに臭うんですよ、ガソリンの臭いが。

嫌な予感しかしませんねぇ

恐る恐るカバーを外しました。

そこには信じられない光景が広がっていたんです!!!






次回、バリオス、死す





















ふざけてる場合じゃないんだよぉぉぉぉ!!

見てくれよ!

このバリオスの悲惨な姿を!!!



IMG_2356.jpg



恐らく転倒してから6時間くらいたっただろうか

その間に漏れたガソリンのおかげで

タンクの塗装は溶解、グリップもべちょべちょ、左ミラーもステーごと折れて使い物にならなくなりました。

世界は残酷です。

バリオスのオールペンをして丁度半年。

終わりました。



しかも悲劇はこれだけで終わらなかったんです。

同時期にR1のフォークオイル漏れ、インナーのチタンコーティングに傷が入ってます。

IMG_2368.jpg

しかも今月で車検切れ、全部で20万コース。




そしてストファイのフォークもオイル漏れ、ETC故障。

ストファイはパッキン交換で行けそうなんで修理に出してます。

2本ともOHだけど、1本は保障でやれるみたいなんで金銭面で大分楽できそうです。

IMG_2373.jpg




3台所有で3台ともダメになりました。

なんでしょうね、この状況。

もちろん全部治します。

バリオスは準備が整い次第再塗装します。

ストファイは修理に出しているので終わり次第復活。

R1に関してはお金が掛かりすぎるので修理は見送り、一旦車検も切ります。

お金に余裕が出たら修理開始します。











世界は残酷だ・・・。




| バリオス | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ストリートファイターS  ~装備紹介~



どうも!かぼです (゜ε ゜)




お久しぶりです、納車から2ヶ月以上経ってしまったけど

今更ですが購入時の装備紹介と、納車後の変更場所について軽く紹介の記事。




まずは車両詳細!



DSC_044422.jpg
  •  メーカー:DUCATI
  •  車  名:ストリートファイターS
  •  排気量 :1098cc
  •  エンジン:水冷L型2気筒4バルブ デスモドロミック (意味は知らん!)



車体カラーはブラック。

ちなみに、バイクで1番嫌いな色が白、2番目が黒!

どうせ塗るから・・・。



購入時の装備を軽く紹介。


IMG_2339.jpg

マフラーはテルミニョーニ製レーシングスリップオン、ECU・フィルター交換済みフルパワー使用。

とにかくウルサイ、ただそれだけ。



IMG_2340.jpg

ドゥカティパフォーマンス製カーボンサイレンサーバンド

地味で無駄に高いやつ!



IMG_2341.jpg

BabyFace製バックステップ

正直BabyFace製かどうか分からない、後日ドゥカティ浜松さんへ見せに行ったところ

BabyFace製だねぇと言われたから多分そう!



IMG_2342.jpg

ドゥカティと言えばこれでしょ!乾式クラッチ!

そもそもストリートファイターのSモデルを選んだ1番の理由がこれ

プレッシャープレート及びオープンクラッチカバー共にメーカー不明。



IMG_2343.jpg

フレームスライダーとカーボン製タイミングベルトカバー

どっちもメーカー不明!



IMG_2344.jpg

IMG_2349.jpg

フロント&リアのアクスルスライダー、メーカー不明!!!



IMG_2350.jpg

カーボン製ラジエターカバー、メーカー不明!!!



IMG_2351.jpg

AELA製ラジエターコアガード!



IMG_2347.jpg

ドゥカティパフォーマンス製タンクパッド!



IMG_2345.jpg

rizoma製ミラー (パチモンの可能性あり・・・?)






購入時はこんな感じでした。

これ以外にノーマルパーツは全て揃っています。

ドゥカティパフォーマンス製のお高い商品がモリモリだったのが嬉しかったです。

かなりいい買い物が出来たと・・・。


以上、ざっくり装備紹介編でした!

今後はコイツをもっと気持ち悪くして行きます。




それでは、この辺で (* ̄▽ ̄)ノ~~



| カスタム | 13:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バイク買っちゃいました・・・。



どうも!かぼです (゜ε ゜)





バイク買いましたっ!





いきなりの衝撃発表です。

冗談とかじゃなく本当に買っちゃいました。


え、バリオスは? R1どうしちゃったの?


とか思ってるんでしょ?





バカ言ってんじゃない、増車だよ!







これでバリオス、YZF-R1と3台のバイクを所有することに・・・。

先に言ってしまうと、購入したバイクは 『ストリートファイターS』

メーカーはDUCATI!イタ車だよ、外車だよ!?

本当にずっと欲しかったんだこのバイク。

なぜこのバイクが欲しかったのか、その経緯を語らせて欲しい。





あれは、まだバリオスを買って間もない頃だった・・・。

仕事中、ウチの店に一人のライダーが来たんだ。

まだ若いライダーさんで彼はドゥカティのネイキッドに乗っていたんだよ


 かぼ 「あのバイクかっこいいですね!モンスターですか?」

 お兄さん 「それが違うんですよ、よく間違えられるんですけどね^^ストリートファイターって言います。」

 かぼ 「やっぱ大型っていいですよね、自分いつかYZF-R1に乗りたいって思ってて・・・。」


そんな会話をしていたんですね。

お兄さんの帰りを見送ろうと外へ行き、ストファイに跨ってエンジンをかけて走り去る姿を見た瞬間

ボクの中にある感情が芽生えました。




これが恋か、一目惚れか!?




































って、お兄さんにじゃないわアホ!



と、こんな感じでストリートファイターに一目惚れしてしまって・・・。

この時既にR1に乗ろうと決めていたんですが、R1かストファイか先に出てきた方を買おう。

そんな状況でした。

結果的にR1が先に出てきたので一旦ストファイは諦めました。

でも諦め切れませんでした。

ストファイはフルローンで買いました。ちなみに10月までR1のローンも残っています。

3台分の保険も入ってます、全部乗るんで^^


地獄です。


ですが後悔はしていません、全く。

これからは新たな仲間、ストリートファイターSを向かえ

バリオス、R1と今後もこのブログをよろしくお願いします。


ストリートファイターSの詳しい装備等は、また別の記事で紹介しようと思ってます。



DSC_044422.jpg



DSC_042887.jpg



DSC_0384-2.jpg



DSC_0402-3.jpg



DSC_0399-2.jpg



DSC_0379-2.jpg




それでは、この辺で (* ̄▽ ̄)ノ~~





| ストリートファイターS | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バリオス、オールペンしました。オマエこんなに気持ち悪くなっちまって・・・。




どうも!かぼです (゜ε ゜)



おまたせしました!

記事が長くなったので2パートに分けてお送りしております。

いよいよバリオスの塗装が終わりお披露目です!


どうか、どうかかっこいいなんて言わず



うわー・・・


き、気持ち悪い・・・


えぇ、センス・・・




なんて冷たい視線で見ていただければ幸いです。

心の底からそう願っております。








あれは5年前のクリスマス

僕の元に1台のバイクが来ました。

名はGSX250FX。

SUZUKI製のバリオス、何故SUZUKIなんだ。

シルバーのボディがどこか渋い、いいバイクなんだ・・・。















































IMGP74104168178.jpg



なんだそのバイクは



IMGP7407416968.jpg



一体何があった!?



IMGP74154996.jpg



むしろ自分どうした!?!?








これが僕の新生バリオス!


青いラップ塗装に身を包み、周囲の人間の視線を引きつける・・・。

すれ違った者は皆振り返る、一体あれは何なんだ!?  と・・・。

ZX250C?いや、違うな。

これから書類にはこう書くんだな!



ZXカボーッチノRR珍 とな!






自分で言ってて普通に恥ずかしいと思った。

それより、どうですか?僕のバリオス!

写真クリックしてもらえば若干大きくなります。


IMGP73744189140896.jpg


IMGP73900000.jpg



写真だと遠いのでラップ模様がイマイチ分からないですけど・・・。

実物を見るとかなり存在感あります。

みなさん、こんなバリオス見たことあります?

ビキニカウルを外してアンダーカウルをつけました。

ストリートファイターを意識してます。



こんな感じでバリオスオールペン計画は無事大成功でしょう。

僕の理想のバリオスに一歩近づいた。

まだその程度、むしろ序章。

バリオスの進化が止まりません!










むしろ着地点が分からない!





どうなる我がバリオス。

オーナーである僕ですら、このバイクがどうなるか分からない。

むしろどうしたらいいですか・・・?

自分でも分からないバリオスの成長にワクワクが止まらないですね~楽しみです!





以上、バリオスオールペンこれにて終わり!


それでは、この辺で (* ̄▽ ̄)ノ~~



| 塗装 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バリオス、オールペン始めました。オマエを最高に気持ち悪くしてやるぜ!



どうも!かぼです (゜ε ゜)



この記事が投下されたのが6月8日

実際にオールペンの作業を開始して完成したのが去年の12月















半年前の話だよ!!



いやぁ、もう少ししたら夏だよ?

塗装作業中は・・・寒かったなぁ・・・。



ってなわけで、バリオスのオールペンしちゃいました。

世界で1番気持ち悪いバリオスでありたい。

そんな頭のイカれた僕の元に来てしまったバリオス・・・かわいそうに!



ひゃっはー!オマエを気持ち悪くしてやるぜぇぇえ!




ってなわけで、とりあえずバリオスの外装を全て買い揃えました。


IMG_1191.jpg


写真以外にタンクもあります。

ついでにアンダーカウルも買いました。(3年前に)

色はバラバラだけど、塗っちゃうから関係ないもんね~~♪



まずはサフを吹くよ!

ちなみに、全て屋外野ざらしの缶スプレー塗装です、クオリティに期待はしないでください!


IMG_1689.jpg


うし、こんなもんか。

一番左にあるボラギノールみたいなやつがアンダーカウルね!




さて、何色を塗るかですが

今回の塗装は少しテクニックを要します。

みなさん、ラップ塗装というものをご存知ですか?



ん?何々?ほうほう、知っていると・・・なるほど





知ってるのかーそうかー、じゃぁいいや


それでは、この辺で (* ̄▽ ̄)ノ~~































って、おーーい!コラコラ^^



このノリ久しぶりで新鮮だ!


えー、話を戻しましょう。

んで、そのラップ塗装をやります。






Lesson1.ラップ塗装のベース作り


ラップ塗装の基本はキャンディー塗装です。

キャンディー塗装は、あえてクリア系の塗料を塗ることで下地を透かして見せる塗装ですね。

この解釈で合っているかは分からない。

本来なら、キャンディー下地→キャンディー塗料→クリア等の順でやるんですが

ラップ塗装をする場合キャンディー下地の前にもう1段階下地を塗ってあげる必要があります。

色は!とにかく真っ黒にします。


IMG_1690.jpg


IMG_1691.jpg


この段階では多少荒くてもかまいません。

とにかく全体が黒ければ問題なし!

最初から黒い外装を買っておけばこの工程を省けたなんてちょっぴり後悔してみる。





Lesson2.ラップ塗装


ここからがラップ塗装で1番の鬼門、模様をつける作業です。

つまりはサランラップを使って模様をつける塗装だからラップ塗装なんですね!

まずはキャンディー下地塗ります。

その後、塗料が乾く前にサランラップを被せて指でワシワシします。

お好みでシワ模様をつけたらサランラップを剥がします。



IMG_1700.jpg

IMG_1701.jpg

IMG_1702.jpg


キャンディー下地で使ったシルバーの隙間からベースの黒が見えていい感じの模様ができます!

タンクみたいに面積の広い部分は、あらかじめラップ同士を重ねて大きいラップを作っておくのがポイント。

本当にスピード勝負です。

ちんたらやっていると塗料が乾いてただのシルバーになります。

結構簡単に説明してますが、これかなり難しかったです。

屋外でやったのが原因か、塗料の渇きが尋常じゃなく早い・・・。

場所によってはワシワシが間に合わず模様がうまくついてくれない部分なんかが出来てしまいました。


IMG_1699.jpg






Lesson3.キャンディー塗装


次は~キャンディー塗装~、キャンディー塗装~ お出口は正面右側、お忘れ物の内容ご注意ください~








多分スベった!



はい。

次はキャンディー塗料をのせます。

使う色はもちろんブルー

キャンディー塗料は軽く吹けば透明感が浅く下地がより強く出ます。

逆に何層か吹くと深く、色が濃くなります。

少し濃い青を出したかったので多めに吹きます。


IMG_1708.jpg

IMG_1707.jpg





ええやん!


やはり模様のつき方にばらつきがあるけど、大方大成功と言ったところか!

素人かつ缶スプレーにしてはなかなかの出来栄えではないかと思いますね。



ラップで模様をつけた時、表面がかなりボコボコしているので

本来はキャンディー塗料を吹く前にクリアを吹いて表面を均一にしておくことをオススメします

自分はめんどくさいからやってないですけどね。

この後クリアではなくウレタンを吹いて磨いてツヤを出しました。

もちろん全て手作業。


IMG_1733.jpg


あとは組み付けるだけ!

なんだけど、結構長くなってしまったので完成写真は次回の記事でUPします!




それでは、この辺で (* ̄▽ ̄)ノ~~


| 塗装 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT